多摩の地域情報誌

2019-09-28

今日は、多摩エリアの新雑誌『BALL Magazine』創刊キックオフイベントに参加した。

「TAMAらび」は信用金庫の年金受給者向けサービスの一つとしてスタートした。1997年6月13日発行だからいまから22年前。今考えるととてつもなくいい時代だった。金融機関でこんな雑誌をつくろうということにOKがでたのだから。

地域と高齢者。どちらをターゲットにするのか?少しずつ地域向けに舵を取った。お客様と市民。お客様向けではなく、どうしても市民向けにやりたかった。それがこれからの企業の取るべき姿だと思った。

「たまら・び」は103号、22年で休刊になった。

でも、その想いや繋がりはしっかりと地域で動いている。今日のけやき出版の動きもまさにそう。出版社がまちのつながりをつくっていく。

こんな素敵なTシャツをきた若者?もいる。

次の世代が多摩を紡いでいく。私たちも負けてはいられない。

たまら・びの会

 

 

Follow me!