東村山の夏、百才

5月なのに夏。東村山のイベントに行ってきた。

駅前は高層マンションが建っている不思議な空間。そこから、府中街道をしばし歩き、空気がゆったり流れる場所にたどり着く。

日本家屋の空き家をリノベーションした「百才(ももとせ)ご縁びらきの会」会場ににつくと、すでにたくさんの方々。

雰囲気や話の内容を聞いていると、地元の人が集まっている様子。こういうイベントだとデザイナーやクリエイターが集まっているものが多いけど、ここは全く違う。今までの「関わり愛」を感じる。

きっかけは大家さんが立替えを相談に訪れたときに、趣のあるこの場所をうまく活かせないかと思ったことらしい。母屋は60年、離れは30年。二つあわせて100年だから、百才(ももとせ)。名前もいけてる。この場所に、コミュニティスペースやアトリエ、コーヒースタンド、シェアキッチンが展開する。

東村山は人口が減少してきている住宅都市。市長の挨拶。民間の方々がつながりながらスペースを作ってくれたことに心からの感謝の言葉。縁側で聞いていても心地よい。

この町もいい街だな~。

少し遠回りして、糧うどんを食べてきた。六玉を頼んだらお腹がふくれた。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です