下記の授業を担当します。
【地域金融論】

お金と地域を学ぶ基礎講座。自分のお金のことを考えながら、金融と地域の現状と課題を考察する。○講目からは、地域金融マンになり、市民や事業者はもとより、自治体や商工団体、教育機関等との課題解決、共創の姿を疑似体験する。地域を構成する様々な主体の仕組みと現状を理解することで、地域の未来を創造する。過去の分析や推移をたどることは最小限として、今をみて、今後を考えていく。必要に応じて、FP技能検定の試験範囲である、ローンの計算方法や税金、年金等にも触れる。

【事業デザイン論2】

地域では企業やNPO、自治体等が様々なプロジェクトを行っている。その最新事情から、現場感覚を養うと同時に、事業デザインの重要性を体感する。レポート(戦略の構図やビジネスモデル・キャンバス等)やディスカッション、プレゼンを通じて事業デザインへの理解を深める。

【地域ビジネス入門】

地域課題を事業の形で解決するのが地域ビジネスの世界で、グローバルビジネスや情報ビジネスとは視点が異なります。本講義は、人間、企業、産業、行政の各主体が連動し活動する地域ビジネスの世界と、それらに影響を与える文化や社会の変化、この両面を学ぶ入門科目です。地域系各教員の専門分野をもとに、地域ビジネスの世界・考え方を実例を交えて紹介します。

【多摩学】

私たちの大学が立地している多摩地域にも、地域なりの「力」がある。その「力」と可能性について考えることが、この地域の活性化と発展につながる。「多摩学Ⅱ」では、多摩の来歴を探り、多摩の現代について考え、多摩という視点から未来を構想する学問である。その地歴を探り、この地域の持つ意味と可能性を多角的・学際的に探求していく。本講義では、多摩地域の多様な産業に着目し、多摩地域が持つ強みと課題について考える。

【プレゼミ】

新一年生を対象としたホームゼミに入る前のゼミ。Y05クラスを担当。14名の精鋭とSA1名。